岩松勇人を助けたメンターの存在

個人事業ビジネスの意味を知る

おすすめリンク

代表取締役の岩松勇人

岩松勇人はどのように代表取り締まりになったのでしょうか?彼の過去から紐解いて見ましょう。

アドバイスによるビジネス変化

岩松勇人さんのビジネスチャンスはどこにターニングポイントがあったのでしょうか。岩松勇人さんは脱サラから物販ビジネスの個人事業を始めました。今の事業はコンサルティング、webコンテンツ企画・制作、物販事業、講演会・セミナー開催、マーケティングと幅広く事業を展開してます。これだけの事業をしてると、脱サラして迷い・不安はなかったのだろうか、どうやって脱出して成功していったのだろうと思います。
物販ビジネスは商品を仕入れて販売するのが殆どです。オークション・ショッピングサイトに出店、今だとフリマアプリがあります。ですが、すぐに結果が出るかと言うとそうではありません。会社員と違い自分で基本的な仕入れ・販売、経理を全てこなして、どう利益率を上げるか常に総合的に考えなくてはいけません。これだけの事を自分でやっていてなかなか利益率が伸びないとやる価値がないのではないか、何がいけないのか、色々試してるから間違っていないはずだとまさに、どうする事もできなく解決策がなくなる事があります。
そんな時、思い切って何か行動を起こすと思わぬところで人との出会いがあり、自分が変わるきっかけがあります。
岩松勇人さんにとって、岩松勇人のメンターはそんな存在です。出会いにより、変わっていきますが、それには岩松勇人さんが岩松勇人のメンターをお手本にしっかり勉強する努力をして、ビジネスを自分の物にできたからです。
岩松勇人さんと岩松勇人のメンターのビジネス方法は普段の生活にも取り入れて活かされる事があると思います。
また、ビジネス立ち上げのポイント・向いてる人が分かると身を引き締めて取り組めると思います。